仮想通貨が現紙幣に変われない理由

副業で収入を得る手法に仮想通貨トレードを行い、収入とする方法がありますが、未だ仮想通貨は仮想通貨としての認識で現在流通している貨幣と比較するとお店で使用することはもちろんのことサービスを受けることが未だ難しい状況です。何故仮想通貨が現行紙幣にとって代わることが出来ないのかと言う考えを持つ方は多いはずです。

しかしながら、仮想通貨が現金にとって代われないのには明確な理由があります。ここでは何故、仮想通貨が現金に変わることが出来ないのかについて解説をします。

まず、仮想通貨は、現金のような物に価値に置き換えた場合、国民全員が取得しているわけではない為商品やサービスを提供している側から見れば異質な通貨であり言ってしまえば仮想通貨を作り出している企業自体異質です。通常、ビジネスにおいては商品と言う物やサービスと言う奉仕活動を受けたり提供することでその価値に応じてお金を支払います。

しかし、仮想通貨の場合、サービスや商品のような物でもない為異質であると言え株券のような会社に対して投資をしているわけでもない為、言ってしまえば通貨として価値が上がったものに対して投資をしている状況で、仮想通貨独自のサービス内容や商品価値についてはどうでもよいと言えます。

そうした物は、残念ながら現金に置き換わるには不十分なのです。他にも法律によってどうとでも規制することが出来るという観点も、現金にとって代われない点で、中国などのように仮想通貨取引を禁止してしまえば、現金に変わることは出来ません。

では、仮想通貨は現紙幣にとって代われないのかと言われると、国によっては現金よりも重要な通貨であるともいえ紛争地帯においては、紛争時銀行から現金を引き下ろすことが出来なくなるので紛争地帯においては、仮想通貨を紙幣とすることが出来るのです。

ですが日本においては、現状は難しいと言え、その理由は仮想通貨はただの電子データであるということも強く、価値が不安定であるため、あまり信用されてないのです。紙幣として信用されるには、価値が一定であることが重要で買い物時に紙幣の価値が下がったり上がったりした場合、買い手と売り手が混乱する為価値が増減するような物を紙幣とする事は日本では難しいということです。

ですが将来的には決算システムがきちんと確立されることで増減を受けてもシステムが通貨の価値を合わせることが可能であるとされており、仮想通貨の現金利用はシステムが普及するかどうかにもかかわっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする